御殿場時之栖イルミネーション2017の駐車場の混雑状況は?点灯時間もチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
ユリーです(^^♪

ご覧いただきありがとうございます。

寒くなりイルミネーションの季節になりました。

私も近々行こうと思っているのですがこの時期は見に行く人が増えて混むんですよね。

今日は御殿場にある

「時之栖イルミネーション」

の混雑について紹介します。

時之栖イルミネーションは毎年50万人
以上の方が訪れる人気の高いイルミネーションです。

私も何回か行きましたが見どころの

「光のトンネル」

は何度見ても幸せな気持ちになりますね。

また樹齢120年のもみの木もドレスアップしていてきらびやかです。

この木を見たいが為に行くのですが
毎回駐車場がやたら混むんですよね。

そんな事で今回の記事では

「御殿場時之栖イルミネーション2017」

  • 駐車場の混雑状況は?
  • 点灯時間は?

について紹介します。

スポンサーリンク

御殿場時之栖イルミネーション2017の駐車場の混雑状況は?

時之栖の駐車場の混雑状況について紹介します。

めっちゃキレイ(*^▽^*)↑

駐車場の混雑状況

時之栖の駐車場は収容台数が2200台
もあり無料で止めることができます。

アクセスの詳しい情報

イルミネーションの開催期間は

「2017年10月28日~2018年3月21日」

この期間で混雑が予想されるのは

  • クリスマスシーズン
  • お正月
  • バレンタイン
  • ホワイトデー

で特にクリスマスシーズンは大混雑するので注意してください。

またこの時期は周辺道路も渋滞します。

東名御殿場インターから10分という
近さという事もありインター入り口か
ら駐車場まで長蛇の列になる事があります。

そのため普段は満車にならない駐車場も
クリスマスシーズンは満車になります。

混雑時間は

「17:00~20時半くらい」

なので夕方の点灯時間に合わせて向かうのでは遅すぎます。

混雑を避ける為には

  • 点灯時間前に到着
  • 帰る方が多い21:00頃
  • 平日に行く

をおすすめします。

また土日祝ならお昼位について園内
で遊んで待機した方が無難です。

駐車場は無料ですので早めに行っても
損する事はありません。

入場料も基本無料ですし疲れたら一旦車に戻り休む事もできますよ。

スポンサーリンク

何としてでも車を止めたい人の最終手段

せっかく到着したのに駐車場が満車で空車になるまで何時間も待つ。

時間によってはそこで諦めて帰るしかないという事も

そんな状況は誰もが避けたいと思います。

なのでこのような事を想定して

「最寄り駅や少し離れた近隣駅」

に車を止めてシャトルバスや交通機関を使う方法があります。

無料シャトルバスは2通りから出ていて

  • JR東海本線「三島駅」、岩波駅・裾野駅経由(会場まで約50分)。
  • JR御殿場「御殿場駅」、御殿場IC経由(会場まで約25分)。

になります。

シャトルバス時刻

シャトルバスを使わずに向かう場合の最寄り駅は

  • JR御殿場線/富士岡駅
  • JR御殿場線/岩波駅

になります。

少々、めんどいと思われがちですが意外とこの方法で来園する人も多いんですよ。

そんな方がよく使っているオススメな駐車場が下記で紹介する「akippa」です。

akippaでは

  • 駐車場の予約ができる
  • 10日前から予約可能
  • 時間内の入出庫が自由
  • とにかく安い

などのメリットがあります。

駐車場の料金や詳細はコチラをタップ↓
 

イルミネーションの点灯時間もチェック!

時之栖イルミネーションの点灯時間について紹介します。

イルミネーションの点灯時間は毎日

「16:30~22:00」

になっています。

また季節や天候などで変わる可能性もあります。

まとめ

今回の記事では「御殿場時之栖イルミネーション2017の駐車場の混雑状況は?点灯時間もチェック!」について記事を書かせていただきました。

★クリスマス時期は駐車場
がもっとも混雑します。

点灯時間前には到着するようにしましょう。

★イルミネーションの点灯時間は

「16:30~22:00」

になります。

最終手段として予約ができる駐車場
「akippa」の利用をオススメします。

もうすぐクリスマスなので混雑時期に突入しますね。

私も今年最後の思い出に時之栖
に行ってこようと思います。

みんな同じ事を考えると思うのでまずは
akippaに登録しておこうと思います。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

ユリーでした(^^♪

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*