りょうが風花凛子の恋で演奏しているサックスのライブ曲は?オープニングとエンディングも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
ユリーです。

ご覧いただきありがとうございます。

島耕作35周年企画・特別編スピンオフドラマ

「部長・風花凛子の恋」

はご覧になりましたか?

このドラマは、7月3日㈭・7月12日㈭の第2週に渡り放送されます。

物語では、りょうさんが演じる風花凛子がライブでサックスを演奏しているシーンがありますが、カッコイイですよね(*‘∀‘)

私は、オープニングのライブ曲とエンディング曲がどうしても気になったので調べてみました。

今回の記事では

りょうが風花凛子の恋で演奏しているサックスのライブ曲は?オープニングとエンディングをチェック!

について紹介しますので最後までごらんください。

スポンサーリンク

風花凛子がサックスライブで演奏している曲名をチェック!

それでは、さっそく7月3日に放送されたオープニング曲とエンディング曲について紹介します。

★オープニング曲は「ワーク・ソング」

7月3日のオープニングで、りょうさん(風花凛子)が演奏していたライブ曲は

ナッド・アダレイさんの

「ワーク・ソング」

という曲になります。

『ワーク・ソング』(Work Song) は、ジャズ・コルネット奏者ナット・アダレイが1960年1月にリバーサイド・レコードからリリースされたアルバム。アダレイのほか、ボビー・ティモンズ、ウェス・モンゴメリー、サム・ジョーンズ、パーシー・ヒース、キーター・ベッツ(英語版)ルイス・ヘイズ(英語版)が参加して、トリオからセクステットまで様々な編成で演奏しており、一部のトラックではあまり使われることのないチェロのピッツィカート奏法が用いられている。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%B0_(%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A0)

ノリが良くて雰囲気もありかっこいいですよね(*‘∀‘)

このアルバムのトラックリストについては、こちらをタップして詳細をご確認ください。

 

★エンディング曲は「My Favorite Things」

コルトレーンさんの作品

「My Favorite Things」

という曲になります。

ピアニスト、マッコイ・タイナーと共に独自の世界観を作り上げた『マイ・フェイヴァリット・シングズ(’61年作)』とMJQのビブラフォン奏者、ミルト・ジャクソンとの共演による『バグズ&トレイン(’59年作)』を丸ごと収録した豪華2枚組。コルトレーンのエネルギッシュなサックスとピアノ、ビブラフォンが織りなす絶妙のコンビネーション。コルトレーンの作品の中でもとりわけリラックスしたムード漂う傑作だ。

引用元:https://item.rakuten.co.jp/joshin-cddvd/5060143494406/

このアルバムのトラックリストについては、こちらをタップして詳細をご確認ください。

 

ドラマでのサックス音は風花凛子の恋のモデル・堤千恵子さんの音源だった!

ドラマ部長・風花凛子の恋は、サックス奏者の堤千恵子さんという方がモデルなのです。

★堤千恵子さんのプロフィール

  • 堤 千恵子(つつみちえこ)
  • 年齢不明
  • 誕生日:10月24日
  • 出身地:埼玉県大宮(現さいたま市)
  • 職業:サックス奏者
  • 出身高校:埼玉県立伊奈学園総合高等学校
  • 出身大学:東京音楽大学

スポンサーリンク

★経歴

  • 堤 千恵子さんは、幼少期からエレクトーンやピアノを、中学生になってからは吹奏楽に入り高校の吹奏楽部では”アルトサックス”を任される。
  • 大学在学中には、サックス科に入り土岐英史から奏法や理論などを学ぶ。
  • 実力が認められ、1994年に今田勝氏(ピアノ)率いる今田勝&NOWINに抜擢されてプロ活動開始。
  • 1999年1stアルバム「ソアリング・フェザー」、続けてオリジナルアルバム「タイニーポケット」、「イーリャブランカ」を発表
  • 2006年初のカバーアルバム「みずいろの雨」
  • 2009年㈱サンフォニックスに所属、同時に5thアルバム「MORANGO E MORANGA」”苺とかぼちゃ”
  • 2009年12月2日初のジャズスタンダードアルバム「Someone to watch over me」が発売
  • 2009年歌謡曲アレンジアルバム「KAYO JAZZ」を発売
  • 2018年6月7日号週間モーニング誌25号から堤さんをモデルとした会長・島耕作特別編「部長・風花凛子の恋」が掲載
  • 2018年7月「部長・風花凛子の恋」が読売テレビ・日本テレビ系で二週に渡り放送。凛子役は女優のりょうさん

ドラマでりょうさんがライブ演奏している曲

オープニングの

「ワーク・ソング」

とエンディングの

「My Favorite Things」

堤 千恵子さんの音源が使用されているとフェイスブックから情報を得ました。

しっとりとした音が素敵ですよね(^^♪

私は、第1話を見てジャズを聞いていたら、美味しいお酒をゆっくり飲みたくなってしまいました。

12日のドラマでは、どんな曲が登場するのかも楽しみですね。

まとめ

今回の記事では

りょうが風花凛子の恋で演奏しているサックスのライブ曲は?オープニングとエンディングをチェック!

ドラマで風花凛子がサックスで演奏していたライブ曲は

  • オープニングはナッドアダレイさんの「ワーク・ソング」
  • エンディングはコルトレーンさん「My Favorite Things」

でした。

ドラマ内で使用されたサックス音は、「風花凛子の恋」のモデルとなった

「堤 千恵子さんの音源」

でした。

私は以前からジャズに興味を持ってはいましたが、堤 千恵子さんの音源を聞いてより好きになりそうです。

というか、堤 千恵子さんのファンになりました(*‘∀‘)

12日のドラマ内での曲も詳細がわかり次第追記していきたいと思います。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

Sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*